アンチウィルスミストシャワーの口コミと評判|効果などについても

次亜塩素酸水を成分とするアンチウィルスミストシャワーについて口コミや評判、メリット・デメリットなどを確認していきます。

アンチウィルスミストシャワーの良い口コミ・評判、メリットなど

アンチウィルスミストシャワーの良い口コミや評判についてまずは確認しています。

いろいろな目的にこれ1本で

このような口コミは次亜塩素酸水のユーザーで多く見られます。

アンチウィルスミストシャワーの成分である次亜塩素酸水はいろいろな用途に使えることが知られています。

例を挙げると、ソファー、ぬいぐるみ、キッチン、マスク、衣類、ペット、トイレ、加湿器で空間除菌など様々です。

アンチウィルスミストシャワーが1本あれば他の消毒液がなくても大丈夫なくらい幅広く使えるのがメリットです。

安全性が高いので安心

アンチウィルスミストシャワーの成分である次亜塩素酸水は非常に安全であることが知られており、安全性に関する口コミも見られます。

次亜塩素酸水は有機物に触れるとほぼ水に分解されることが知られており、人の肌に触れても問題なく、万が一口にしてもあまり大きな害はありません。

そのため、小さい子供がいる家庭や高齢者の家庭でも安全に使用でると評判です。

このように安全性も非常に高いというのもアンチウィルスミストシャワーの特徴のひとつです。

アンチウィルスミストシャワーの悪い口コミ、デメリット、気になる点など

アンチウィルスミストシャワーは非常に使いやすく、多くのメリットがありますが、一方で少し悪いと言える口コミや、デメリット、気になる点もあります。

次亜塩素酸水て効果が本当にあるの?

次亜塩素酸水の効果ついては、疑問に感じている口コミもよく見られます。

次亜塩素酸水自体が、アルコール除菌などと比べるとやや知名度が落ちるのはデメリットと言えるかもしれません。

しかし、次亜塩素酸水自体は、厚生労働省の資料においても各種の細菌に対する除菌効果、各種のウイルスに対する不活化の効果が確認されています。

その効果はハイターなどの漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムと同等以上であり、さらに次亜塩素酸ナトリウムは厚生労働省のホームページでも消毒対策として推奨されている成分です。このため、次亜塩素酸水も医療機関などでウイルス対策として使われているのが現状です。

空間除菌は希釈した方が良い?

アンチウィルスミストシャワーの濃度は100ppmとされています。

一方で、次亜塩素酸水を空間除菌で使う場合は、50ppm程度を最適な濃度とする意見がいくつか見られます(備える.jp)(次亜塩素酸水ナビ)。

アンチウィルスミストシャワーは加湿器にも使用できるとされており、特に空間除菌の希釈については明確でありませんが、万全を期す意味では、2倍に希釈しても良いかもしれません。

希釈するのを避けたい場合は?

もしアンチウィルスミストシャワーを希釈して使うのが、安全性や有効性の点から避けたいような場合は、最初から空間除菌にもそのまま使える製品で代用するのもありです。

空間除菌でも希釈せずにつかせる製品の例として「除菌水ジーア」などがあります。こちらは濃度が60ppmであり、空間除菌として使う場合でも希釈する必要はありません。

また、定期購入の形となるため、常に製造後すぐの製品を使うことができ、分解されやすく効果が徐々に落ちてしまう次亜塩素酸水の欠点をカバーしてくれます。評判を確認したい場合は、「除菌水ジーア 評判」で検索すると確認できます。

除菌水ジーアは現在のところ在庫があるため、アンチウィルスミストシャワーの濃度が気になる場合は除菌水ジーアも選択肢の一つとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました