ジエンド(次亜塩素酸水)の口コミや評判|効果や安全性についても確認

ジエンドは次亜塩素酸水を含む除菌水です。様々な用途に使うことができ、高い除菌力・抗ウイルス作用があります。

今回はこのジエンドについて口コミや評判を確認していきます。

ジエンド(次亜塩素酸水)の良い口コミや評判、メリット

まずはジエンドの良い口コミやメリットを確認していきましょう。

いろいろな用途に使うことができる

こちらの口コミのようにジエンドは次亜塩素酸水を成分とする除菌水であり、いろいろな目的で使うことが可能です。

例として生ごみの除菌・消臭、トイレの除菌・消臭、キッチン用品・洗濯機の除菌・消臭、車内の気になる臭い、赤ちゃん用品、部屋の空間除菌など、その用途は様々です。

ジエンドが一つあるだけで、場合によっては他の除菌水はなくても大丈夫となります。

高い安全性

安全性に対する口コミも次亜塩素酸水には多いです。

次亜塩素酸水は、有機物に触れるとほとんどが水に分解されます。

そのため、正しい濃度であれば、安心して人に触れる製品や子供の用品などにも使うことができます。

高い除菌力・ウイルス不活化作用

この口コミは効果に関してです。

ジエンドの成分である次亜塩素酸水は、非常に高い除菌力・抗ウイスル作用があることが知られています。

その効果はアルコール系のものよりも幅広いとされており、そしてハイターなどの漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムと同等以上であることが確認されてます。

ジエンド(次亜塩素酸水)の悪い口コミや評判、デメリットは

ジエンドは非常に多くのメリットがある製品ですが、中には悪い口コミやデメリット、欠点などもあります。

本当に効果があるの?

このような効果に対する不安の口コミは次亜塩素酸水製品全体で言われていることです。

しかし、この点に関しては、実際に厚生労働省の資料でも効果が確認されています。

次亜塩素酸水は大腸菌などの各種細菌に対して強い殺菌作用、そしてインフルエンザウイスルなどへのウイルスに対して高いウイルス活性があることが実験にて確認されています。

また、新型コロナウイルスに対しては検証されていないものの、その作用機序から不活化作用が推測されるという医師などの意見も見られ、実際にウイルス対策としてよく用いられています。

このような点から、次亜塩素酸水には高い除菌力・ウイルス活性があると言えます。

希釈するのがデメリットになることも

ジエンドのデメリットや欠点になりうるのが希釈して使うという点です。

次亜塩素酸水は非常に分解されやすいことが知られており、希釈することでさらに分解されやすくなります。また、原液でも開封後は分解が進むと考えられるため、徐々に効果が弱まる可能性があります。

そして、希釈する倍数を間違うと、安全性や有効性に影響がある可能性があります。特に子どもの用品人に触れるもの空間除菌などの際は特に希釈濃度には気を使う必要があります。

ジエンドは500ppmの製品と1000ppmの製品の2種類があるのでこの点も間違えないよう注意が必要です。

最初から希釈されている製品もあり

安全性や有効性の面から、もし希釈する作業を省きたい場合は、最初から希釈されている次亜塩素酸水の製品を購入するという方法もあります。

例をあげると「除菌水ジーア」などがあり、こちらは最初から60ppmに希釈されているため、個別スプレー、空間除菌などどのような目的でもそのまま使用することができます。

定期購入の形となるので、常に製造直後の新しくて効果の高い次亜塩素酸水を入手することができます。

現時点では除菌水ジーアも在庫があるため、希釈せずに次亜塩素酸水を使いたい場合は選択肢の一つになります。

<在庫がなるなる前にウイルス対策を>除菌水ジーアの公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました